風俗体験談は命より重い…!そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う…!

デリヘル嬢のWさん

バイト終わりに家に帰りましたが、このまま寝てしまうのは何とも寂しいというような日がありました。「そうだデリヘルを呼ぼう」とふと思いパソコンを立ち上げて福岡のデリヘル店を検索して女性の写真を眺めました。

こんなにきれいな子が近所に住んでたら目を引くよなと半信半疑ではあったのですが、いちばん可愛いと思う女の子を指名することにしました。その女性はWさんという20歳くらいで背のすらりとしたスレンダーな美人さんでした。

本当に写真みたいな子が来てくれるかなーとドキドキしつつも不安を感じながら1時間ほど待っているとWさんが部屋にやってきました。「あ、本当にこんなに可愛い子が来てくれることってあるんだ」というのが第一印象で夢の様でした。

その後はWさんにおまかせ状態で手コキをしてもらったりフェラをしてもらったりして楽しみました。無事に発射もすませて大満足の体験となりました。またぜひWさんを指名したいと思いました。
福岡デリヘル[駅ちか人気デリヘルランキング!!]

はしたないデリヘル嬢

若いデリヘル嬢はテクニックがまだ発展途上です。これはいたしかたないところですが、そういう嬢にあたった時は「育てる」意識で相手したほうが精神的に楽です。

若さゆえに良いところもたくさんあり、肌の弾力や恥部のきれいさなど、それは若い時しか備えられないものなのです。同時にこちらもそれを堪能しつつ、新たなものを開拓する事が出来ます。以前にあった出来事です。21歳の嬢はピチピチしています。

シャワー中も水しぶきを弾く肌が印象的です。フェラはぎこちないというか、本人いわく苦しいとの事です。自分は趣向を変え、嬢に顔面騎乗させました。最初ははしたない感じから、恐る恐るのせてきました。

完全に埋まった感じで、自分は舌で探り、クリを攻めたてます。嬢の反応も変化し、騎乗したまま前後に動いてきました。本能的に快楽を求めている感じです。その後69に移行すると、それまでよりフェラする時間が長くなりました。

はしたなさの先の快楽を得て、一皮むけた感じでした。

デリヘル嬢の情報交換の怖さ

デリヘル嬢が自宅待機というデリヘル店は、デリヘル嬢のドタキャンが多いというイメージがありますよね。けれどもお店での待機のデリヘル嬢だって、実はなかなかのくせ者です。

なぜって、女の子は二人以上が集まれば、自然に悪口大会がはじまることが多いからです。まあ悪口とまでは言えないまでも、往々にして客に関する話は飛び出してはくるでしょうねー。

そして、そこで情報交換はおこなわれたりするのです。まあ、その情報交換が良い方向に向けばいいのかも知れませんが、だいたいは悪い方向へと向きますからね。

たとえば「誰々さん、キモいんだけど」からはじまって、「あ、私もそれ思ってた」と中間段階ではなって、そして最終的に「じゃあ、誰々さん拒否るかな」「あ、じゃあ私もー」という最悪な展開にまで発展することもあるんですよ。

ですから、お店待機なデリヘル店もなかなかの要注意だと言えるでしょう。まあ、自宅待機にしてもデメリットはありますので、どっちもどっちということで。